**HAFELE・LED家具照明セミナー終了しました**

今回紹介していただいたのはハーフェレさんのLOOXというシリーズ
今回紹介していただいたのはハーフェレさんのLOOXというシリーズ

一瞬、雪花が舞った 大阪天満。

そんな寒い中、始まったのはハーフェレジャパン 藤田氏による 家具に使うLED照明セミナーです。

 

HAFELE ハーフェレ といえば、いわずと知れたドイツの家具・建築金物メーカーです。

そんなメーカーさんが、今 力を入れている(?)のが LED照明!

 

その種類の豊富さに、驚いたセミナーになりました。

 

 

 

LEDの特性上、引出内部への採用も!
LEDの特性上、引出内部への採用も!

まずご紹介いただいたのが、テープライトのLED。

 

電球色・昼白色・昼光色の3色ラインナップの 5m巻きで¥27,000-。

自由にカットできるので、トランスさえ追加すれば 色んな箇所で使用可能です。

 

明るさは下の写真の通り。

 

プロファイルも多種ご用意されています
プロファイルも多種ご用意されています

 

別売でアルミのプロファイルカバーもあるので、ホコリよけやLEDのつぶつぶが気になる時(照射面が鏡面の時など)には使用をおすすめされていました。

 

おもしろいなと思ったのが、画像右端になる ハンガーパイプになるタイプ。
ひとつでふたつの機能、こういうのに弱いです(笑)

ガラス棚受けにLEDが仕込まれていて、光るガラス棚もありました。

これもなかなか捨てがたい。

 

 

 

そして、おもしろかったのが ベット周り等に使えそうな フレキシブルアームライト。

 

その名のとおり、首が自在に動きますので 欲しい場所に光を当てることができます。

 

おもしろいと思ったのは、その点灯方法。

 

タッチしてON OFF。 その上、なんと調光までできてしまう!

恐るべし ドイツイズムです。

 

その調光を覚えてて、次にONした時はその明るさになっているんですって。

かしこいです!

動画をUPしようと思いましたが、重たくてNGでした残念。

FacebookにUPしておきますので、ご興味ございましたらそちらでご確認下さい!

https://www.facebook.com/lifedesigning.custom

 

ダウンライトも薄くて、掘り込み寸法11mmでOK。

ということは20mmの棚板にも着けられてしまうのですね~、便利です。

 

 

大切なのはトランス
大切なのはトランス


トランスは異なる電源システムで何パターンかご用意がありました。

 

基本、このトランスにプラグを差し込むだけなので 電気屋さんでなくても工事できてしまいます。そういう意味ではキッチン屋・家具屋向けの商材なのかもしれません。

 

スイッチも数種類あり、タッチフリーの いわゆる人感センサーのタイプや ドアセンサー(開けたら点灯、締めたら消灯)、フットスイッチに調光スイッチもありました。

 

リモコンタイプも準備されていて、RGBマークがついている商品は 自由なカラーチェンジが可能でした。

 

 

今回感じたことは、「自由度の高いLED照明だな」 という事でした。

 

プランニング・拾い出しもハーフェレさんで対応されている との事です。

こだわりの場所に、一度プランニングされてみてはいかがでしょうか!

 

 

今回で、定期セミナーは終了になります。

今までご愛顧いただいた皆様、ご協力いただいたメーカー様、講師の方々 改めまして御礼申し上げます。

 

 

また、不定期にでも開催できたらいいな という希望を込めて。

 

ありがとうございました!!

 

スタッフ:岡竹

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    sextel (金曜日, 03 11月 2017 17:35)

    niewsiąkany