**アイカ ジョリパットセミナー終了しました**

現物を見ながらの機能説明
現物を見ながらの機能説明

すっかり夏気温の7月17日昼下がり、ジョリパットセミナーを開催しました。

 

講師は先月に引き続きアイカ工業㈱よりお招きしました。

プロジェクタを使用し、大変分かりやすくジョリパットについてご説明していただいた加藤氏は、職人さんに施工説明もされるそうです!

ということは、ジョリパットの施工もできるんですね。施工できる営業マンってすごいです。

 

 

内外装に使えるジョリパット、リフォーム用もむくめて多種多様な品揃えです
内外装に使えるジョリパット、リフォーム用もむくめて多種多様な品揃えです

ジョリパットとは、もともとはフランスのメーカーが作っていたものを輸入していたアイカ工業㈱さんが引き継ぎ 今ではアイカ工業㈱のオリジナル商品になっているようです。 言葉の由来としては「魔法のパテ」だそうです。 アクリル塗料塗料の分類になり、天然素材の顔料を使用していることで合成した鮮やかな色は出せないものの、紫外線による色あせには強いとのこと。

 

主な特徴としては、

 

◎ 耐光性 紫外線による色あせがしにくい

 

◎ 防藻・防カビ性 藻やカビの発生を抑える効果

 

◎ 可とう性 素材が柔らかく、伸びるのでひび割れに強い

 

◎ 汚れ防止 塗膜に守られ、表面に汚れが残るのを防ぐ。

       汚れが水によって流れ落ちるしくみ

 

◎ 耐摩耗性 表面の強度に優れている(JIS基準に準拠)

 

◎ 高意匠性 デザイン性に富んだ素材

 

そのほかにも防炎性やホルムアルデヒド対応などなど、シリーズにより様々な機能性があります。

 

 

パターンは塗り方による柄です
パターンは塗り方による柄です

コテでブロック状にコテ模様を残す仕上げや、人気のある南欧風のランダム模様など パターンは全部で34!

 

色は184色から選べるので、無数の組合わせができるのもジョリパットの魅力の一つです。

その上、特注色の対応も可能なので もう大変です(^_^;)

 

2色を混ぜた「乱流」(写真右上)は、見たことはあるのですが 2色混ぜると思っていなかったので、ビックリしました。

パターンは、職人さんの腕の見せ所ですね。

 

それ以外に、専用道具を使う方法もあります。 竹ぼうきや熊手、専用ローラーを使うやり方などなど。ローラーでこれが出るの!?という変わったパターンもあり、発見の連続でした。

 

「縄文」おもしろかったな~。

今回は少人数だったため、より質問しやすい環境でセミナーが進んでいきました。 「ちなみに・・」話が聞けたり、参加者の施工例体験や こういうデータがほしい!という意見だったり。 ICさん同士の意見交換の場だったりするので、色んな意味で勉強になります。

 

熱い中、アイカ工業㈱ 加藤さん、藤村さん勉強になるセミナーをありがとうございました。

参加者の方々、ご参加ありがとうございます。来月もやりますので、ぜひご参加ください。

 

詳細はこちらまで。

コメントをお書きください

コメント: 1