**化粧板セミナー終了しました**

アイカ工業㈱藤村氏によるセミナー風景
アイカ工業㈱藤村氏によるセミナー風景

梅雨が戻ってきた6月19日(水)、お足元の悪い中たくさんの方が参加してくださった「化粧板セミナー」が開催されました。

 

今回は化粧板トップメーカーのアイカ工業㈱より藤村氏と池田氏をお呼びして、「化粧板とは何か?」の基本的な事から、使用するうえでの注意点やカウンターに新商品など、多岐に渡る商品群のご説明をしていただきました。

 

プロジェクトを使用してのセミナー風景は、外の蒸し暑さに負けないくらい

熱い空間でした。

 

 

メラミン化粧板の構造
メラミン化粧板の構造

もはや目にしない日はない、メラミン化粧板。

普通に使っているのですが、構造を聞かれると言葉につまる方も 少なくないと思います。

私もその一人ですが(^_^;)

 

(アイカ工業㈱ホームページより)

「高圧メラミン化粧板」は、メラミン樹脂、フェノール樹脂をそれぞれ印刷紙・クラフト紙に含浸させ乾燥させた含浸紙を何枚も重ね合わせて、高温(150℃)、高圧(約100kg/cm2)下で積層形成したプラスチック板です。表面層はメラミン樹脂、中心部はフェノール樹脂になっています。

 

つまり、目にする部分はメラミン樹脂を浸した紙なんですね~。

豊富な色の種類は、ここにあるわけですね。

エンボス加工も種類が多く、柄に合わせて様々な表情を演出しています。

組み合わせとしては17万5000種類になるとか!?

 

メラスクープエッジ扉
メラスクープエッジ扉

ポストフォームカウンターも表面はメラミンだそうです。

知りませんでした(^_^;)

 

そこから派生して、最近は扉も作られてるようです。

逆テーパーやJ型取っ手が一体になっている扉は、取っ手がいらずにとても便利ですね。

 

洗面ボウル一体加工
洗面ボウル一体加工

ポストフォームカウンターに、人工大理石の洗面ボウルをシームレス接着まで

できてしまいます!

 

ここまでくるとアイカさんの表面材だけで内装できますね。

 

スクラッチレス仕様
スクラッチレス仕様

新商品もご紹介いただき、傷がつきにくいスクラッチレスという黒のメラミン化粧板が発売されていました。

傷が目立ちやすいために、天板には採用しづらかった黒の単色。

 

ナイロンたわしでこすって実験しましたが、ほんとに目立たない!すごいですね。

 

参加者の方々からも、構造等勉強になったと好評いただきました。

 

なかなか、説明できない素材っていっぱいあります。

それを知ることによって、提案範囲が広がったり 使ってはいけない場所が分かったりするものです。

 

日々勉強ですね。

 

次回、セミナー決定しましたら こちらにてご案内いたします。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    大池敦子 (木曜日, 20 6月 2013 19:05)

    今回のメラミンも日頃ずっとお世話になりながら知らないことばかりで大変参考になりました。これからは人にうんちくを自慢げに言いそうなくらい構造など勉強になりました。又、毎回セミナーに参加させて頂いた事でお友達もでき、楽しいセミナーになりました。有難うございました。

  • #2

    スタッフ 岡竹 (金曜日, 21 6月 2013 16:36)

    大池様

    いつもコメントありがとうございます。
    ぜひぜひ皆様に今回得た知識を発表してください!
    知識と共に、ICさん同士の触れ合いの場になっていただけるとこちらとしても楽しいです。

    こちらこそありがとうございました。