*内装壁 塗装材セミナー終了いたしました*

塗装とは思えないテクスチャ
塗装とは思えないテクスチャ

桜満開なのにもかかわらず・・

大阪は雨でした。

 

そんな足元悪い中、今回の塗装材セミナー 開催しました。

 

 

内装材の仕上げといえば・・?

 

壁紙クロス・タイル・木パネルなどなど。。

 

一般的にはクロスが多様化されているのが昨今の住宅事情でしょうか。

 

そんな中、内装壁用の塗装材として様々な商品を取り扱いされている

㈱アイズ さんより 中島氏を講師にお迎えして、お話をうかがいました。

 

 

イタリアのノバカラーというメーカーの物を主流としてお話していただき、

イタリアンスタッコ、樹脂系の塗料、しっくい等 様々なテクスチャを現物

を交えながらご説明していただきました。

 

施工例もお持ちいただいたのですが、関西の主要 百貨店・劇場・大型店舗等

商業施設への採用が多いようです。

 

クロスに比べると、やはり価格は上がってしまうので なかなか住宅では贅沢と思われるのかもしれませんね。

(参加いただいた方たちのお話で、「クロスのクオリティーはなかなかすごい。」というのもうなずけました。)

 

塗装の良いところは、

色の調合ができるところ。→オリジナルカラーが作れる。

テクスチャを自由にできる→コテ仕上げ・刷毛目など 表面の仕上げを自由に変えられる。

 

もちろん使うものによって制限はありますが、自由度は魅力のひとつです。

 

あとは、高級感ももたらしてくれます。

 

 

こちらの会社では、エイジング加工(古く見せる加工技術)やアートのペイントもされるそうです。

こちらも店舗ではよく見かける技法ですね。

 

 

 

今回は天気のせいか、ご参加が3名でした。

 

皆様、第一線で活躍されてる方々で なかなかICさん同士の交流というのは普段ないせいか、今回の塗装材を提案しようと思うプランのお話、仕事に対する心構えから 社内の人事体制などなど、話に華が咲いていました。

 

皆様、ご一緒にお帰りになられたので その後 交流が広がっていくのかしら・・と 

新たなセミナーの魅力を感じた1日でした。

 

参加者様の【プロ意識】を実感したセミナーでした。

 

ご参加、心から感謝いたします。

 

ありがとうございました。

 

次回は5月23日(水)、オーダー家具セミナーでお待ちしております。