+献血のお話+

大阪に雨が降りました。

 

なんだかとても久しぶり。

 

今年の冬は、雪がちらつき 例年に比べ寒いです。

 

 

 

先日、ミント神戸の献血ルームへ行ってきました。

 

初めて行く献血ルームで、今年入っての初めての献血です!

気合十分!!

 

・・と思いきや

またもや数値が少し足りず・・・結局摂取はできませんでした。

 

新しいビルなので、設備もすごくキレイ。

15階のガラス張りで神戸の山も海も見渡せるという絶好ロケーション。

 

なのに、とても残念です。

体調整えて、また挑戦しに行きます。

 

ここで看護士さんに聞いた話。

基本的に摂取した血液は、その都道府県内で使われるそうです。

最近兵庫県に引越しをしたのですが、もっぱら大阪府内で献血をしていたので

これからは兵庫県でするべき!?

色々知らないことがいっぱいです。

 

 

 

唐突な展開になっていますが、

「献血」みなさんは、されたことがあるでしょうか。

 

医療の進歩がめまぐるしい現状ですが、人の血液は人工で作り出すことは出来ません。

献血は、明日へつなぐ 命のリレーなのです。

 

血液を必要としている人が、もしかしたらあなたの大事な人かもしれません。

極端な話、明日の自分自身かも。

 

輸血をされた方、残念ながらこの方はもう「献血」をすることが出来ません。

献血の大切さを、身をもって体験した時には もうその恩返しができないのです。

 

そんな想いもありながら、自分自身の健康管理を含めて

私は献血に行くようにしています。

 

献血の基準は

【16歳から69歳までの健康な方】

*16歳から出来るのは、今回初めて知りました(~_~;)

条件を満たされている方で まだ行かれた事がない人は、一度献血ルームや献血バスに行ってみてください。

 

 

だいぶ真面目な話になりました。

 

ご興味あるかたは、こちらまで。